【※涙腺崩壊】生後12日の娘をチャイルドシートにくくり付け、二階の窓から放り投げた21歳の母親。その理由に涙が止まらない・・・

※涙腺崩壊

生後12日の娘を

チャイルドシートにくくり付け、

二階の窓から放り投げた21歳の母親。

その理由に涙が止まらない・・・

子供を窓から放り投げた母親

アメリカ、イリノイ州の

人口わずか1400人ほどの田舎町で住む

21歳のシェルビー・アン・カーターさん。

Shelby Annさんの投稿 2016年11月27日

彼女がこの町で子供を育てようと思ったのは、

古き良き時代を思わせる

地域コミュニティの存在があったからです。

彼女は2017年に

娘のキーナ・デイビスちゃんを出産しました。

娘が生まれてからは

毎日幸せに包まれた生活を

過ごしていました。

しかし、

シェルビーさんの21歳の誕生日の翌日、

家族に悲劇が襲います。

Shelby Annさんの投稿 2017年1月4日

なんと自宅で火災が発生し、

逃げ遅れたシェルビーさんは

煙に巻かれて命を落としてしまったのです。

火災発生時、消防署へ通報したのは

シェルビーさんでした。

その時の会話の中で、

息苦しさを訴えていたのですが、

娘のデイビスちゃんについては

何も言わなかったそうです。

現場に到着した消防隊員は

二階に倒れていた

シェルビーさんを発見します。

しかし、

一緒にいたはずの娘の姿はありません。

火事が鎮火された後、

状況調査を開始した消防隊員は

自宅の裏で驚きの発見をしました。

それは、逆さまになった

チャイルドシートの中で泣いている、

生後12日のデイビスちゃんがいたのです。

シェルビーさんはデイビスちゃんを

チャイルドシートに紐でくくりつけ、

二階の窓から放り投げていたのです。

炎が迫る中、必死に娘を守ろうと、

ギリギリのところで考えついたのが、

チャイルドシートを使って、

二階から放り投げることだったのです。

Shelby Annさんの投稿 2017年1月27日

地元の消防署長は

「一緒に飛び降りれば助かったかもしれない、

もしかすると、シェルビーにはその力が

すでに残っていなかったのかもしれない。」

家事の後、地域のコミュニティが協力し、

大切な家族と家を失ってしまった

家族のために募金活動が行われました。

Shelby Annさんの投稿 2015年8月2日

すると、

一週間で約450万円が集まったそうです。

シェルビーさんの機転で

デイビスちゃんは奇跡的に無傷でした。

あーる

地域のコミュニティって大事だね町の皆で育ててあげてほしい

きゃのん
一か八か二階から放り投げたんだろうな。

√あるふぁ
ほんと奇跡だね(;_;) 母の分まで頑張って生きて欲しい。

もりえってぃ
1週間で450万円集まるってすごい

コメント

  1. ネット王国訪問者 より:

    キモいねん
    ほんとに泣いたの?管理人ほんとに泣いたのねえ?笑