【驚愕】名字が「渡辺」「安倍」の人はガチでヤバい!●●の子孫だということが判明!

驚愕

名字が「渡辺」「安倍」の人は

ガチでヤバい!

●●の子孫だということが判明!

一体誰の子孫なのでしょうか!?

名字が「渡辺」「安倍」

日本人の名前は、前半と後半の

2つの要素で成り立っている。

前半部分を「名字」または「姓」

と呼ぶことがあるが、

この違いは何だろう。

もともと「名字」は、

家を区別するために私的に

名乗っていたもので、

屋敷の所在地や自分の支配している

領地の土地名などに

由来していることが多いという。

そのため勝手に変更することもできたという。

一方の「姓」は一族の地位や

ルーツを示すもので、

まつりごとを担当する氏族ごとに

天皇家から与えられていた。

天皇家が統括していたため、

勝手に変更することはできなかったのだとか。

【名字のルーツを知りたいなら、

まずは同じ地名を探してみるべし】

名字のルーツは大きく

次の8種類に分けられるという。

(1)姓をそのまま名字にしたもの

(2)住んでいる地名

(3)「地形」が由来になっているもの

(4)「方位」や「方角」が由来になっているもの

(5)「仏教用語」が由来になっているもの

(6)「職業」が由来になっているもの

(7)「藤原一族」の子孫

(8)主君などから特別に「もらった」もの

そのうち圧倒的に多いのは(2)なので、

名字のルーツを知りたければ

まずは名字と同じ地名を探すと良いという。

ただし同じ地名が日本中に

何カ所もある場合があるので、

その中でも古くからある土地を探すと

ルーツをたどれる可能性があるそうだ。

また、珍しい名字なら、

同じ名字の人が密集して暮らしている

地域に由来していることも多いとか。

ただし地名由来の場合、

名字に“家を区別する”という

意味があったため、

逆に由来となった場所では

あまり増えないという傾向があるそうだ。

中でも「渡辺」と「安倍」という

名字のルーツが非常に珍しい。

天皇家の子孫が名乗ったことが

分かっている名字もあるという。

そのひとつが大阪発祥の「渡辺」だ。

平安初期の嵯峨天皇の末裔である

嵯峨源氏の一族が、

現在の大阪市北部に当たる

摂津国西成郡渡辺という

地域に移り住み、

地名から「渡辺党」という

集団を組織したことに由来しているそうだ。

その後、

一族は海上交通を発展させ、

全国各地に渡辺氏の一族を残して

勢力を拡大したというのだ。

また、「安倍」「阿部」「安部」など、

様々な漢字を用いる「あべ」さんは、

いずれも第8代孝元(こうげん)天皇を

ルーツにもつという。

安倍、渡辺ってこれを見ると

ちょっと誇らしくなりますよね。

ネットの王子さま

あーる

江戸の終わりまでは苗字の無かった農家が、

明治で苗字つけるときに

物凄くてきとうにつけたケースもあるから

ひとくくりにできないだろう

きゃのん
戦国武将の苗字とか憧れる
√あるふぁ

渡辺というのは大昔の難波津の

渡し守からきていると聞いたけど

その場所には現在渡辺神社があって

地名も渡辺となってるとか

もりえってぃ
家紋があれば鉄板
次はこっちを読もう!

↓LINEでいいねしてね(゚∀゚)

記事を送る卍

フォローする

コメント

  1. ネット王国訪問者 より:

    俺織田

  2. ネット王国訪問者 より:

    苗字とは呼ばないのか?