【涙腺崩壊】「僕には、天使の妹がいます。」小学一年生の男の子が書いた日記に涙が止まらない・・・

涙腺崩壊

「僕には、天使の妹がいます。」

小学一年生の男の子が

書いた日記に

涙が止まらない・・・

僕には、天使の妹がいます

ふだんお世話になっている家族に、

言葉では伝えにくい感謝の気持ちを

作文にする「いつもありがとう作文コンクール」

の作品が、ネットで話題になっています。

小学1年生の松橋一太くんの日記

僕には、天使の妹がいます。

夜中、僕は、お父さんと

病院の待合室に座っていました。

隣にいるお父さんは、

少し怖い顔をしています。

いつも人でいっぱいの病院は、

夜中になるとこんなに

静かなんだなあと思いました。

少し経ってから、

目の前のドアが開いて、

車椅子に乗ったお母さんと

看護師さんが出てきました。

僕が車椅子を押すと、

お母さんは悲しそうに、

歯を食いしばった顔をして、

僕の手をぎゅっと握りました。

家に着く頃、

お空は少し明るくなっていました。

僕は一人っ子なので、

妹が生まれてくる事が

とても楽しみでした。

お母さんのおなかに

妹が来たと聞いてから、

毎日、ぬいぐるみで

オムツ替えの練習をしたり、

妹の名前を考えたりして

過ごしました。

ご飯を食べたり、

おしゃべりしたり笑ったり、

公園で遊んだり、テレビを見たり、

今まで三人でしていた事を、

これからは四人でするんだなあと

思っていました。

でも、春休みの終わり、

トイレでぐったりしながら

泣いているお母さんを見て、

これからも三人なのかもしれないと

思いました。

寂しくて、悲しかったけど、

それを言ったらお父さんと

お母さんが困ると思って

言えませんでした。

ぽかぽかの暖かい日、

僕たちは、善光寺さんへ行きました。

妹とバイバイする為です。

初めて四人でお出かけをしました。

僕は、妹が天国で遊べるように、

折り紙でおもちゃを作りました。

「また、お母さんのおなかに来てね。

今度は生まれてきて、

一緒に色んな事しようね。」

と、手紙を書きました。

僕は、手を合わせながら、

僕の当たり前の毎日は、

ありがとうの毎日なんだと思いました。

お父さんとお母さんがいることも、

笑う事も、食べる事や話す事も、

全部ありがとうなんだと思いました。

それを教えてくれたのは、妹です。

僕の妹、ありがとう。

お父さん、お母さん、ありがとう。

生きている事、ありがとう。

僕には、天使の妹がいます。

まだ小学1年生の一太くんが

こんなにも冷静に現実を受け止め、

生きていること、家族がいることに

感謝ができるってすごいと思いました。

これについてネットの反応
√あるふぁ

こういうのツラい…

きゃのん

小学1年生の文章とは思えないくらい

うまく書けてるな

あーる

休憩所で読んで今泣きそうなんだけど

もりえってぃ

本当に天使になっちまった話じゃねえか…

どうでしたでしょうか?

生きていることが当たり前じゃない、

家族がいるのが当たり前じゃない、

一太くんの家族愛に心を打たれました。

出典:https://www.youtube.com

参照元:http://blog.livedoor.jp/rbkyn844/archives/8901487.html

次はこっちを読もう!

↓LINEでいいねしてね(゚∀゚)

記事を送る卍

フォローする

コメント

  1. ネット王国訪問者 より:

    ダウンの妹かと思ったわ

  2. ネット王国訪問者 より:

    うう…
     ∧__,,∧
    ( ´;ω;)
    (0 UUO

  3. ゆるふわマン✨ より:

    何て言い話!(T△T)