【※衝撃】子供たちがこの男性の家に来るのは死ぬため。80人の子供がゆっくり、穏やかに人生を終える・・・その理由とは・・・

※衝撃

子供たちが

この男性の家に来るのは死ぬため。

80人の子供がゆっくり、

穏やかに人生を終える・・・

その理由とは・・・

穏やかに人生を終える

様々な理由で、

実の親から養育を放棄される

子供達がいます。

それだけでもつらい出来事ですが、

その子達は施設や里親のもとで

自分の人生と向き合いながら

生きて行くことができます。

しかし

その子が余命わずかな

病に侵されていたら、

この子を引き取る里親さんは

いるのでしょうか?

施設に預けられても、

手のかかる病気の子供に愛情は与えられるでしょうか?

このような厳しい現実を

受け入れた男性が、

アメリカのカリフォルニア州にいます。

この男性の名前は、

ロサンゼルスで暮している

モハメド・ブジークさん。

モハメドさんは、

末期患者の子供達を

引き取る里親として

20年活動を続けています。

これまで、

80人の子供さんを

自宅で看取ってきました。

なぜモハメドさんは、

「子供の死と向き合う」という

つらい活動をしているのでしょうか。

なぜモハメドさんが、

あえて子供が亡くなる瞬間を

看取るようなことを

引き受けているのか。

それは、

自分の身に起きた

病気の体験にありました。

大腸がんを患ったモハメドさんは、

死を身近に感じます。

しかし、

奥さんも亡くなって

この世にはいません。

自分の息子は障害をもっており、

付き添ってもらうわけには

いきませんでした。

死と向き合った恐怖の中、

医師からの話や病院の手続きも

自分で処理しなくてはならず、

大変つらい思いをしたのです。

そのような時に

身寄りのない末期疾患の子供達は、

孤独の中でどれほど恐ろしく

辛い思いをしているだろうと考えました。

モハメドさんが

現在預かっている女の子は、

6歳の寝たきりの子供です。

この子は目が見えず、耳も聞こえません。

毎日のように発作に襲われています。

そんなこと関係ないと、

モハメドさんは子供を抱きしめます。

君を愛して側にいる人間がいると、

体温で伝えているのです。

この子はモハメドさんの愛情で、

暗く音の無い世界を

恐怖に震えながら亡くなるのではなく、

愛されている温もりを感じながら

光の国へ旅立つことができるのです。

「大事なことは子供達を愛し、

自分の子供のように世話をすることだ」

とモハメドさんは言います。

モハメドさんは、

「私たち人間は助け合うべきです」

と語っています。

彼はイスラム教を信仰しています。

世界中で起きているテロ事件の影響で

イスラム教が敵視されていますが、

モハメドさんの行いは

敵視することに値するでしょうか?

「宗教は関係ない」

とモハメドさんは言います。

あえて子供の死と向き合う

モハマドさんの存在は、

混沌としている現代に

光を与えてくれる存在です。

これについてネットの反応

自分に置き換えて考えたけど、

ここまで出来ないな

見知らぬ子供を家に預かり、

最期の時を見守るなんて

普通できないよ

モハメドさんはなんて

出来た人間なんでしょう。

素晴らしい

小さい子供が

末期がんになるなんて可哀想すぎる…

これは宗教云々というより、

人間は助け合って

生きていかないといけないってこと

どうでしたでしょうか?

里親になるだけでも大変なことなのに、

末期患者の子供達を引き取り、

その子たちの最期まで愛情を注ぐ、

モハメドさんの活動には頭が上がりません。

出典:https://www.youtube.com

参照元:http://lasoreiyu.com/everyones.news/?p=2523

あーる
ここまでできる人なかなかおらんやろうな
もりえってぃ
せやね あーるも見習え
あーる
ういっす

↓LINEでいいねしてね(゚∀゚)

次はこっちを読もう!

記事を送る卍

フォローする