小学生でも解けそうなのに引っ掛かる人が続出!? ある学校で配布された算数クイズが秀逸と話題に

小学生でも解けそうなのに引っ掛かる人が続出!?

ある学校で配布された算数クイズが秀逸と話題に

問題図には「72 → 27 → 18 → 21 → ?」と、数字が斜め方向の矢印とともに並べられており、回答になるのは「?」に入る数字。また、「72」以降の数字には、縦方向の矢印で「99」「45」「39」といった別の数字がつながっています。どうやら、斜め方向に並んだ数字の列、それに付随した数字の2つから規則性を見つければ、答えを出すことができそうです。

よく見ていると気付くと思われるのは、縦方向の矢印の数字から、斜め方向の矢印の数字を引くと、その2つにひもづいた数字が出ること。例えば、「27」は「99-72=27」、その隣の「18」は「45-27=18」とぴったり当てはまります。ということは、「?」に入る数字を導くには「36-21」を計算すればいいはず。つまり、このクイズの答えは「15」です!

Twitterの反応

  • 15だろ

  • 15以外なくね?

  • 多分15かな

答えは「15」と思ってしまった方、不正解です。ひとつひとつ計算していくと、斜めに並んだ数字列の最後に位置する「7」だけ、「21-13=8」と規則が適合しないことが分かるはず。最後まで根気よく考えないと、間違ってしまうというわけですね。

正解を出すには、ある数字にひもづけられた2つの矢印の数字をひとけたずつバラして、それぞれを足し算する必要があります。「27」の場合を例に取ると、「99」「72」から矢印が伸びているので「9」「9」「7」「2」を合計するのが正しい計算方法。「?」に入る数字を導く場合は「3+6+2+1」を考えればよく、答えは「12」となります。

みんなどうだった?

僕は見事にひっかかりましたw

↓LINEでいいねしてね(゚∀゚)

次はこっちを読もう!

記事を送る卍

フォローする

コメント

  1. より:

    答えは12です。